★日曜日
中山11レース

朝日杯フューチュリティステークス

フロンティア
結果を出した2走が極端なスローだったことを考えるとリスクは大きい1頭。
末脚の絶対量で見ても、トップスピードの質的にはアドマイヤアルバに見劣っています。
デイリー杯の敗因が時計が掛かる馬場が合ってなかったのであれば今の時計が出る阪神なら巻き返し可能という面はありますが、現状は前半のスピード面で不安があり、後半ではトップスピードの質で足りない可能性があります。
ペースが上がればダノンプレミアムに対しては不利になる可能性が高く、後半勝負ならステルヴィオやタワーオブロンドン、ダノンスマッシュにも見劣る可能性は十分に考えられます。
ポジショニングが良いというのも最序盤のゲート、二の足の問題で、ペースが上がってそこでしっかりと脚を使えるかは別問題です。
高速馬場のマイル戦では前半、後半で見て強気になれませんが、内枠を引いて好位内でペースがスローからのL3最速戦で噛み合ってくればチャンスはあります。

ダノンスマッシュ
ここ3走は1400m戦ですが、前半ゆったり入れば入るほど後半のトップスピードの質、持続力といった面を高めてきています。
前走のもみじSは当時の馬場を考えるとラスト2Fは優秀で、傾向としてはマイルへの延長がプラスに働く可能性は高い1頭です。
ただ、1400mの平均ペースでパフォーマンスを落としているため、マイルでも平均まで上がった時にどうかという不安はあります。
この馬の場合は末脚勝負に持ち込めるかどうかがポイントで、その上で高いレベルでトップスピードの質、持続力は底を見せていないのでこれは魅力と言えます。
血統的にはスプリント色が強そうな配合なですが、好位〜中団ぐらいで無理せず流れに乗って末脚を引き出してくればチャンスはあります。

アサクサゲンキ
前走で1400mに対応しましたが、基本的に距離が長くなるほどトップスピードの持続力を要求されやすくなるため、特に阪神マイルではL2最速でもL1の坂の上りでの減速もあり、コース形態的にL3最速になりやすい舞台でもあるので一瞬しか脚が無いタイプでは苦しくなります。
この馬はトップスピードに乗ってきたタワーオブロンドンにはラストだけで圧倒されており、こうなると阪神マイルでは分が悪い1頭と言えます。
この馬の場合は直線半ばの上り坂で速い脚を使う、自力加速が問われる府中の方が合っているように思えます。
ここ2走を見ても適性の幅はある程度持っているタイプですが、阪神マイルで優位に運べる要素は乏しく、ここでは買い辛い1頭です。

ダノンプレミアム
この馬は速いペースでもしっかりと中間的な脚を引き出せ、L1まで減速を止めてきているので使える脚も長いタイプと言えます。
これはポテンシャルとトップスピードの二段構えとなった新馬戦でもL1で良さが出ていたので間違い0ありません。
極端なトップスピード勝負以外では今のこの馬に不安要素はありません。
新馬戦でもポテンシャルで分散しながらあれだけのトップスピード持続力を本仕掛け後に見せてきました。
前走はスピードを引き上げたことで後半のトップスピードの質は問われませんでしたが、そこでしっかりといい脚を引き出せていました。
今の高速馬場の阪神の馬場で2〜3秒のスローや、中弛みが健著になるとL2で10秒台まで入ってくる可能性が高く、トップレベルでは10秒半ばぐらいのキレも問われます。
超スローに持ち込まれるとタワーオブロンドン、ステルヴィオといったところはかなり強敵となり、33秒台の上がりを出せていない同馬にとってトップスピード勝負では分が悪くなり舞う。
そういう競馬に特化しないように平均で流れる競馬に持ち込めればここでは敵はいません。
 
★注目馬
土曜日
中山10レース
クロフネビームス
芝で直線では不利があった4走前の長岡Sは参考外で、距離を延ばした赤富士Sでは3着まで末を伸ばしてきました。
この時は直線でハミをかけ直すと馬が突っ張ってやめており、「前走は距離延長で抑え込むような形でレースをしましたが、あの形が合っているようですね、癖は分かったので今回は大丈夫。」との事でした。
この馬は1600〜1800メートルで良績を残してきましたが、今は長い距離での対応できており、昨秋、現級で(3)(2)(2)着の安定した成績を残したようにもともと高い能力の持ち主だけに、復調を示した近走の内容からも注目したい1頭となります。
2走前は前が狭くなってしまい立て直すロスが響いての5着で度外視可能で、前走は大逃げした馬を追いかける展開で終いも脚を使って最後の最後に頭が上がってしまい3着となりましたが、「東京2100mに使ってから最後に脚を使う感じが戻ってきました。前走はゲートで待たされた分、スタートがひと息でしたが最近は返し馬でも硬さを見せていませんし、スムーズに競馬ができれば勝てる馬です」との事。

日曜日
中山11レース
グレーターロンドン
この馬は後傾バランスで異常なぐらい長く切れる脚を使えるタイプで、適性的にはマイルがベストの印象があります。
ただ、後半要素で非常に高いレベルのものを見せている馬というのはある程度そこから距離を延ばした方が良い傾向が出ており、この馬も最終的には1800〜2000が良さそうで、マイルでも高速馬場で全体のペースが上がってくると不安は生じます。1000万下を勝った時の馬場で4Fを45秒で入れれば、5Fも56秒半ば〜57秒で行けており、ここまで破壊的な脚が使えるなら大阪杯に出ても面白かったように思えます。
トップスピードの質、坂の上りでの加速も素晴らしいので、この面子で取りこぼすとしたらスピードを問われる全体の競馬になる展開です。
それでもこの馬のリズムを崩さなければ好勝負可能の1頭と言えます。

グレーターロンドン
この馬は後半の4Fを異次元に高めて来れるので、例えばマイル戦で46-46の1:32.0で決着したとしても、この馬自身は48-44でその時計を出してこれる可能性が十分にある1頭です。
そういう点でも高速馬場状態なら後半を極限まで高めてくることが出来、1800m戦ならペースに対する不安は少ない1頭と言えます。
この馬自身後半のトップスピードの質が抜群に高く、トップスピード持続も高いタイプと言え、加速段階で脚を使っても削がれないイメージなので超高速馬場で終いに特化すれば上がり32秒台半ばは出してこれそうです。
トップスピードの質が抜群に高いタイプだけに、それを引き出すことができるかが焦点となりますが、4Fから長く脚を使ってこれる馬なのでしっかりとそこを頼ってエンジンをかけて行けるかがポイントとなります。
高速馬場ならこの馬は後半4Fで44秒前後を意識できる素材ですが、それはL4地点でしっかりと加速する意識を持てていないと難しくなります。その点に関しても積極的な田辺騎手との相性は良い1頭と言えます。

日曜日
中京12レース
アガスティア
5か月の休養明けの1戦となった2走前は、立て直した効果で普段から落ち着きがあって雰囲気が良く見えましたが、勝負どころで少し気を抜くところが見られ、久々で体が10キロ減も響いての3着。
最後は盛り返しての3着となった内容は大健闘と言え、もともとが叩き良化型で、「久々の分もあったし、使ってグンと良くなっています。前走は勝負所で気を抜く面がありましたが、そこを我慢できればアッサリ勝てる力はあります」と熊沢騎手が話しており、前走は100メートルの距離延長も条件的にプラスとなり、叩き2戦目で上積みも大きそうな1戦でしたが結果は4着。
不良場馬場で前が止まらない競馬となり、自身の位置を守っての4着で悲観する内容ではありません。
前走で馬体を戻すことに成功しており、今回は大型馬の叩き3戦目で本領発揮となる1頭です。
 
★注目馬
土曜日
阪神10レース
ロードアルペジオ
2走前はソエや腰の筋肉痛の影響で休養が延びましたが、休み明けの昇級初戦でスタートでアオってしまい向正面では後方4番手となり直線入り口で進路を探しつつの競馬となりチグハグな内容となり8着。
前走は直線で進路が無く追い出しを待たされる不利があり、まともなら際どかった1戦でした。
この馬はパワータイプで、坂のある阪神では(1.0.1.0)の成績となっています。
近2走は道悪馬場で進路が無い不利もあり届きませんでしたが、3走前に勝った時と同じ阪神コースなら圏内確実の1頭と言えます。

ロードアルペジオ
前走、前々走ともに内で動けない場面があり、特に前走は直線残り1ハロンまで外の馬に閉められて進路がなく、前が開いてからは良い脚を使っていましたが、追い出しを待たされる不利が響いてコンマ2秒差の4着となり、まともなら勝ち負けになっていた内容でした。
今回は3走目ですが、1週前も楽な手応えで軽快な動きを見せており、疲れなく好調キープ。
直線に坂のある阪神に替わるのもプラスでスムーズなら巻き返し可能な1頭となります。
デビューしてからソエに悩まされていた馬ですが、休ませたことでソエは良くなっており、叩き3戦目での今回は勝ち負け濃厚の1頭と言えます。

インスピレーション
新馬戦前から横山騎手が調教に乗るなどで期待されていた馬でしたが、大跳びで軽い走りをする馬なので新馬戦は不良馬場で持ち味を全く発揮できずに8着となりました。
しかも一番馬場の悪いインを終始通っていて横山騎手も馬に負担をかけさせぬようにほとんど追っていませんでした。
2戦目は良馬場で一変して2着となり、3戦目の前走は外差し馬場でも内から狭くなる不利がありながらもよく伸びてきて後一歩及ばずの2着となりました。
「徐々に良くなっていますよ。新馬戦の時は時間が掛かる馬とは感じていましたが、もう次は大丈夫でしょう。」と、陣営星勘定の1頭となります。


ジュンテオドーラ(中京・古500万)
前走は立て直した効果で見せ場十分の3着。
好位の外から進めて3ハロン標からショウサンルヴァイの外で促して進出するも、直線のラスト1ハロンで外のカリーニョミノルより劣勢になってしまい自身の脚を使っての3着となりました。
ひと叩きした今回は更に前進が見込め、今回は上位濃厚の1頭となります。

ベディヴィア(中京・500万)
前走休み明けでも行きっぷり良く運んでいましたが、内枠で動くに動けず、直線に向いても待たされる形となった同馬。
ペースが速くても追走に余裕があり、集中して最後まで走れており、最後は内から4着まで追い上げる格好となりました。
前走は休養前より具合が良くなっており、馬を気にする面も無くなって心身ともに成長が窺えるレース内容でした。
前走はゴール前で前が窮屈になる場面があり、外に持ち出しながら差を詰めていただけに、2戦目でスムーズなら勝ち負け必死の1頭となります。

レッドヴェイロン(2歳未)
初戦は前半に行きたがるのを抑えるのに苦労して、物見をしながらの競馬となりましたが、持ったまま直線に向いて2着確保で素質の高さを示した1頭。
前走は馬の後ろに入れて折り合いをつけて進めましたが、直線で外にモタれたりする場面もあったとはいえ、スピードに乗り始めたところで、寄られてしまい行き場を失う不利がありました。
2走は1800mに使われていましたが、この馬は道中行きたがるところがあるので今回の1ハロン短縮は確実にプラスとなり、調教の動きは相変わらずいいだけに、スムーズならまず勝ち負けになる1頭です。
 

Presented by Z-Z BOARD