★日曜日
新潟10レース
winクレマンダルザス
中京1800mで500万下戦を勝ち上がった時はややスローから12.8 - 12.4 - 12.5 - 12.2 - 12.4のL2最速戦でスピードを要求された中で好位から最速地点のL2で伸びてきましたが、これは手前を換えた瞬間で、左手前で入ってきて右手前に変えるのが基本の左回りですが、換えるのがワンテンポ遅く見えました。6走前の白川郷Sでは手前を替えずに伸び切れずに6着となりましたが、このレースはL2最速11.5とかなりの切れ味を要求された1戦で、この馬はずっと左手前のままで入っていて反応できていませんでした。4走前の東京戦は内ラチ沿いを自分のペースで進めて直線では馬群を縫うように伸びてきており、休み明け緒戦で2着に好走し、その次走は1後目でガクンと躓いてしまい、腹を括って後方からの競馬で直線は大外に出して内にモタれる面を左ステッキで修正しながらのびての3着。近走はレースぶりに安定感がでており、2走前は大外枠から外を回る形になりましたが直線では豪快に伸びてきての2着で、ゆったりした流れでこの馬向きとは言えない中でも安定感を示しました。前走は休み明けの1戦で6着となりましたが、スムーズなレースで時計的にも駆けている勘定だけに力は出し切れていたと言えます。8,2,2,3,2,6着と舞台適性の高い東京ダート1600m戦のここは再度勝負になりそうな1戦ですが。新馬戦を含めた休中8週以上での成績は(4.3.0.2)となっており、中4週以内では(0.0.2.7)と極端に成績を落としており、中2週となる今回は狙い辛いとなります。

新潟11レース
G1ミッキーグローリー前走の京成杯AHは1.4秒のスローで展開し、仕掛けのポイントが早いL4最速戦で後半4Fは11秒前半〜半ばまでをキープする流れとなりました。この流れで4F戦、3〜4角で終始外から最後まで伸びきったのはかなり驚異的なパフォーマンスで、トップスピードの持続力が優秀で45.5秒を外々からというのは中山マイルでは簡単ではありません。ワントゥワンが富士Sで相当強い競馬をしている事からも、この勝利は非常に価値が高い評価が必要です。適性的には前半はゆったり流れて後半で長くトップスピードを維持してパフォーマンスを高めており、マイルよりも距離が長い方が適正性に合っているように思えます。それでもこの一戦で見せたパフォーマンスはトップレベル相手にも通用する内容だけに、マイルでも中が必要な1頭です。

----------121ミッキーグローリー今年に入って本格化した馬で、1000万は後にオープンまで行く馬に対して3馬身の差をつける圧勝。次走のむらさき賞は高速馬場で位置を取りに行った分だけ最後の末脚が鈍ってクビ・ハナ差の3着となりましたが、2走前の阿武隈ステークスではタフ馬場で無理矢理に捲る強引な競馬で完勝し、前走の京成杯オータムハンデは直線の追い風で差し馬には有利な条件で展開がハマった感じはありますが、その時に倒した2着馬ワントゥワンが富士ステークス2着、3着馬ロジクライが富士ステークス1着、4着馬ロードクエストがスワンステークス1着ということを考えてもハイレベルな1戦でした。前走は昇級での55キロで見込まれた1戦でしたが、最後は抑える余裕があり相手強化も問題ありません。大型のディープインパクト産駒である程度タフな馬場は歓迎のタイプで、阿武隈ステークスでタフ馬場を圧倒的な競馬で勝てるん内容を見ても相当な持久力の持ち主と言え、溜めてもキレるディープインパクト産駒だけに今のタフな京都芝はいかにも合いそうな1頭です。ある程度の位置が取れて直線で外に出しやすい絶好枠が引き当てたここは注目の穴馬と言えます。

---------blastミッキーグローリー高速マイルは忙しい印象があり、前走の京成杯オータムハンデも強いパフォーマンスを見せましたが前半が遅くて後半のスピード持続は高速馬場だったために高いレベルで引き上げてきた可能性が高く、長く維持して出し切るタイプと言えます。この馬の場合は全体のペースが上がった時にどうかという不安材料があり、4走前の1000万下も対応できていましたが時計・ラップ的にはそこまででもありませんでした。出し切って底を見せた感もあり、力の要る馬場よりも高速馬場で後半型の競馬でパフォーマンスを上げているという点でサングレーザーに近いタイプと言えます。超高速馬場向きでタフな馬場でペースが上がっての不安はありますが、2走前のには小回り向きとは言えないタイプながらも福島の稍重馬場で向正面から進出する強引なロングスパート戦で圧勝しており、今のタフな馬場の京都コースでも不安はありません。
 
★日曜日
札幌6レース
ラフェリシテ
今回は久々にはなりますが洋芝の小回り条件が合っていそうな1頭。ここ2戦の3歳限定特別戦での走りを見てもここなら通用するはずです。2走前はレース前からテンションが上がってしまい、ゲートひと息で後方からの競馬となり直線に入ってからもしばらくは反応せずにラスト1ハロンだけ伸びての5着となりました。前走は距離延長で挑みましたが4角で狭くなる不利があり、切れないタイプだけに持ち直すまでに時間が掛かってしまいジワジワと脚を使っての4着となりました。前走の内容を見る限りは1800mは長い印象があり、今回は距離短縮+洋芝替わりでパフォーマンスを高めてきそうな1頭です。

ファストライフ
近走は1800〜2000mに使われて結果が出ていませんが、以前はマイル以下の条件で好走していました。2000m戦のフローラSや1800mのカーネーションCでそれなりに好走してしまったために中距離路線に使われるようになりましたが、この馬にとって中距離は長い感じがあります。2走前の福島戦でも、津村騎手が「もうひとつ伸び切れませんでした。短い距離の方が脚を使えると思います」と話しており、中距離戦では最後に脚が鈍っていました。前走の函館1800m戦に関しては距離短縮自体は問題ありませんでしたが、逃げる競馬をしてしまったせいでバテての7着で度外視可能です。前走時は馬場に脚を取られてノメッていたため、追い切りでは終いだけ伸ばすだけの形だっただけに参考外の1戦と言えます。ひと叩きされた今回は久々に適性距離に戻り、能力通りならここは好勝負になる1頭と言えます。

札幌7レース
シンライg1
前走は「状態が良かったので自信をもって乗りました。時計は速かったけど止まっていませんし、内容は良かったです。メンバー次第ですぐにチャンスが来ます」と横山騎手。前走は外枠から好位を取り、内の馬が速くてハナに行けませんでしたが最後も手応えの割りに渋太く踏ん張れており、自分の時計を詰めての4着となりました。クラスと控える競馬に目途が立ち、強敵不在のここは上位可能の1頭と言えます。

札幌9レース
g1フォークテイル
デビューからの2戦は相手関係や時計面を考えると平凡でしたが、2走前に乗ったマーフィー騎手が「凄く良い馬。もう少し時間をかけて体が大きく成れば距離も持つだろうし、先々が楽しみな馬。」と評価していました。前走のフローラSは外目の枠でなし崩しに脚を使わされる形となり、距離も微妙に長くて序盤から頭を上げて折り合いを欠いてしまい、下げざるを得ない展開で直線では最後は無理させていなかっただけに11着は悲観する内容ではありません。この馬はエンジンのかかりが遅いタイプで東京コースは合っている印象が強く、今回は自己条件で巻き返しが期待できる1頭です。攻め駆けするタイプとはいえ1週前はWコースで5ハロン65秒6の好時計をマークし、1ハロン12秒1と終いの伸びも抜群で動きの良さは際立っているだけに、今回は前走の大敗妙味も見込める1頭です。

ミモザイエロー1nin
気性難しいオルフェーヴル産駒ながら能力はある馬で未勝利勝ちは同週のフェアリーSを大幅に上回る好タイムで完勝し、そこで負かしたシングフォーユーは次走で勝ち上がってスイートピーSでクビ差の2着となっています。500万でもヴィッテルスバッハと接戦しているなどここでは明らかに上位の存在で、2走前のデイジー賞はスローからの瞬発力勝負で4着以下を3馬身突き放しており、レベルが高かった1戦だけに評価ができます。前走は出遅れてペースが落ち着いて厳しい展開となり、更に勝負どころで上がる時に前の馬が膨れたためにかなり外を回らされるロスがありました。道中も外に出せない形でかなり厳しい競馬で3着となっていただけに、再度同コースでスムーズなら前走以上の結果は確実に期待できる1頭です。

新潟3レース
カシノブレンド
前走は距離短縮で大きくパフォーマンスを上げてきた1頭。2走前にメンコを外して行きっぷりが良くなったために前走は1150mに使われましたが、中団馬群で進めてムチを入れられながらの追走となり、直線に向くと馬場の中から手応え以上の伸び見せて最後は上位2頭に迫ってコンマ1秒差の3着。再度、同舞台でペース慣れが見込める今回は更にパフォーマンスが上がってきそうな1頭です。

セイドアモールblast
5走前の中山戦ではチークピーシーズを着けて、揉まれない形で運んで3番手を行かせてガッチリと2番手を確保して3ハロン通過が34秒1のハイペースで勝ち馬に早目に来られる厳しい展開となりましたが、最後まで渋太く食い下がって3着を死守。次走もチークピーシーズ着用で挑みましたが、立ち上がった時にスタートを切られてしまい出遅れて軽く促して中団後方からの競馬となりました。3〜4角でソツなく立ち回って直線入り口で外に出すと前2頭を懸命に追いましたが、なかなか差が詰まらずに3着まで。前残りの展開でスタートの不利が響いた格好となりましたが、その後はゲート練習を行った効果で前走は好スタートを切り、逃げ馬のすぐ後ろの理想的な形で進めるも最後は勝ち馬の渋太さに屈しての2着となりました。2走前は内枠から好スタートを切って脚抜きの良い馬場で少し速い流れとなりましたが、道中の手応えは十分で先行勢の追い上げを退けるも勝ち馬の決め手に屈しての2着となり、近走は逃げなくても控える形で安定して走れており今回も安定して走れそうな1頭と言えますが、先頭に立つとソラを使う面があるため、2〜3着候補の1頭となります。
 
★土曜日
新潟2レース
ピチカートポルカkkkma
デビュー戦は530キロでさすがに太目が残っていましたが、行きっぷり良く先行して勝負どころでもしっかりとついて回って見せ場十分の内容で3着。直線では勝ち馬に引き離されてしまいましたが、それでも渋太く伸びて3着と確保できており、2戦目には1週前の追い切りでは水準以上の時計をマークして動きは素軽くなっており、稽古で目立たなかった初戦時より気配は着実に良化していましたが結果は3着。「ひと叩きされて素軽さが出て来ましたがまだビッシリとやっていませんからね。」と加藤調教師が話していましたがレースでは大外枠からの競馬で掛かり気味になっていたために内に入れる形を取りましたが3〜4角でスペースがなくなってしまい仕掛けが遅れてしまいました。直線では左手前に替えてから猛然と差を詰めての3着で、流れに乗り切れない中での結果となりました。3戦目の前走は直線の長い東京コースに替わりましたが結果は3戦連続となる3着。好位のポケットで進めて直線でも上手く進路を確保しましたが、追い出されてからもワンペースの走りとなっており、上位2頭に切れ負けする結構となりました。ワンパンチ足りないタイプだけに、小回りコースで初戦のように番手で立ち回れれば更に上位を期待できる1頭です。

新潟4レース
ブラックミーティア1nin
前走の福島1200m戦では押してハナを主張して超ハイのペースの逃げを敢行し、後続を引きつけて逃げて馬場を考えるとオーバー気味だったと言えますが思ったより踏ん張れていました。前走のスピードならここでも主導権を取れるそうです。新潟内1200mは3〜4角で息が入りやすく、3走前の福島1200の内容がからもここでは上位の存在と言えます。3走前の上位馬は結構勝ち上がっており、そのハイレベルメンバー相手にややハイペースでコントロールし、12.1 - 11.2 - 11.5 - 11.9 - 11.5 - 12.1のラップ推移で2列目から外に出して食らいついてL1の減速で差し込む形でクビ差の2着となりました。2走前の新潟1200m戦では完敗していますが、この馬は腰の嵌りが甘く、トモに疲れが溜まりやすいタイプのため、トモに疲れが溜まっていた2走前の新潟戦は度外視できます。本来は新潟1200mが合っているタイプだけに、逃げてレースを作って一脚の加速で出し抜ける事ができれば上位濃厚です。今回は久々を叩いた2戦目となるだけに、2走前とは違ったパフォーマンスが期待できます。

モメチョッタ(高配当の使者)
これまで福島戦では2,4,3,6,3着と安定して走れており、6着時は休み明けで仕上がっていない中での1戦だけに参考外の1戦と言えます。前走の福島では勝負どころで外から来られてかなり厳しいプレッシャーを受けていましたが、それでも抵抗して4角で先頭に立つ場面を見せ、そのまま粘りこみを図るも上位2頭には及ばず3着となりました。今回は叩き2戦目での福島戦となり、更にパフォーマンスを上げてきそうな1頭となります。
 

Presented by Z-Z BOARD