★日曜日
京都11レース

天皇賞・春

サトノダイヤモンド
この馬はスピードの幅は広くてもダービーや神戸新聞杯の様にスローでもある程度折り合って入っていく事ができ、、動きたいタイミングでもしっかりと動きだせています。
トップスピード面ではマカヒキ相手に見劣りましたが、これは落鉄をしてのもので、まともならダービーを勝っていたのはこの馬です。
パワーも瞬発力も備えており、前走は楽にシュヴァルグランを撃破。
 
★日曜日
京都11レース

天皇賞・春

シャケトラ
前走の日経賞では、ゴールドアクターやレインボーラインを破り、AJCCで強い競馬を見せたミライヘノツバサも撃破しました。
この馬の理想は前が超スローで向正面の段階で田辺騎手が勝負に行って前目で内に入り切ってしまう展開で、前回の中山は外差しが利きやすいのでその展開も難しい1戦でした。
準オープンを飛ばして素質馬が強い勝ちっぷりで本番へ参戦となり、注目したい1頭となります。

シャケトラ
この馬のデビューは骨折のため遅れてしまいましたが、デビュー戦は既走馬相手に1.7倍のダントツ人気。
アオリ気味にスタートを切って道中はフワフワと追走していましたが、加速がついてからは他馬とは次元が違う脚で外々を回っての楽勝勝ち。
その後の昇級戦も単勝1倍台の1番人気となりましたが、直線では内にモタれてしまい前も止まらずに3着まで。
その後はソエを治して連勝し、1000万下の身ながらG2日経新春杯に出走してミッキーロケットからハナ差の2着。
3歳時はソエの影響で本数が少なかった稽古内容でしたが、体質面がしっかりして稽古が詰めるようになり、素質馬が実力を発揮できるようになってきました。
前走の日経賞はゴールドアクター、レインボーライン、ミライヘノツバサを撃破しての勝利となり、まだまだのびしろが見込める1頭と言えます。
サトノダイヤモンドと接戦を演じたミッキーロケットとハナ差の勝負をしている事からも、ここでも通用の素材と言えます。
 
★日曜日
京都11レース

天皇賞・春

昨年段階から凱旋門賞挑戦が示唆されていたサトノダイヤモンドですが、天皇賞・春後の宝塚記念に出走するとは明言していません。
僚馬であるサトノノブレス(牡7)も陣営は同時に登録し、この2頭を登録したということは、あの"連係プレー"が見られそうです。
昨年の有馬記念では主役の一角だったキタサンブラックに対し、サトノノブレスがプレッシャーをかけ、結果としてサトノダイヤモンドの勝利となりました。
フランスの地でもサトノダイヤモンドの"アシスト役"としての出走する可能性は極めて高いように思えます。
昨年の凱旋門賞では、勝利したファウンド、2着のハイランドリール、3着のオーダーオブザセントジョージと上位がオブライエン厩舎で占められましたが、ファウンドをインコースの最高の状態で抜け出させるための"作戦"が見て取れました。
また、日本馬の挑戦でも、2012年の凱旋門賞ではオルフェーヴルのペースメーカーとしてアヴェンティーノが出走しています。

今年の天皇賞春は凱旋門賞の前哨戦となりますが、昨年の有馬記念は斤量差がありましたが、今回はまったくの五分となります。
この天皇賞・春は、人気馬にとって「鬼門」といえるレースで、ここ10年、1番人気の馬が一度も連対しておらず、最後の連対は2006年のディープインパクトとなります。
今回はアシスト役不在、同斤量となり、2強対決ではキタサンブラックにアドバンテージがあります。
 

Presented by Z-Z BOARD