★注目馬
皐月
キタノコマンドー
すみれSでパフォーマンスを上げてきた1頭。
この馬は出し切って良さが出ており、トップスピードの持続力が一番の武器と言えます。
今回のメンバー構成でトップスピード持続を高いレベルで持っている馬はワグネリアンぐらいしか見当たらず、ダノンプレミアムが回避したメンバー構成なら十分食い込める余地はあります。
ただ、中山2000はそこまで速いラップを要求されにくい舞台で、ペース全体が上がりやすい傾向もあり、前半のスピード面が問われる可能性が高いコースとなります。
血統的にみても高速馬場でペースが上がった場合は、追走面で苦労する可能性もあります。

キタノコマンドー
この舞台でのミルコ・デムーロ騎手というだけで不気味な存在ですが、この馬自身素材的に高いレベルにあり、展開の淀みを敏感に察知できる鞍上は強力な味方となります。
馬自体に弱点はありますが、それを補ってくる可能性が高く、展開的にまぎれのない平均ペースなら苦戦必至ですが、ハイペースで流れて道中でのラップの緩急が激しいレースになったときにはうまくデムーロ騎手が前半脚を温存しつつ淀みで押し上げて行く競馬が可能になり、チャンスが広がります。

キタノコマンドー
前走のすみれSでは高いパフォーマンスで2勝目を挙げてきた1頭。
ケイティクレバーを楽に捉えてきた点は評価が必要です。
ペースはかなりのスローで流れて仕掛けが遅く2F戦に近い1戦となり、L2で2馬身半ぐらいはあった差を半馬身差ぐらいに詰めているので10秒台の脚を使ってきた計算となります。
L1で少し落としたのはありますが、それでも3〜4角で動いてのものなのである程度仕方ありません。
この時はかなりの高速状態ではあったのでペースはこれでも遅い方で、このパフォーマンスをどこまで評価していいかがポイントですが、前半はこのレベルまでくるとゲート面での不安は少し出てきました。
皐月賞は後ろからでも展開的に届きやすいレースだけにそこまで気になりませんが、ペースはこれでも遅いのでデニムの弟なら余計に前半のペースが上がった時の不安は大きくなります。

キタノコマンドー
新馬戦は8番枠からまずまずのスタートを切って無理せずゆったり入って好位の外。
道中は緩い流れでも折り合い自体は苦労することなく3〜4角でも好位の外からじわっと2列目に並びかけていく格好。
4角で促しながらだがそこまで反応は良くなく2列目で直線に入ると、直線序盤で渋太く伸びて先頭列。
L1で内のサトノグロワールとの戦いを何とか制しての勝利となりました。
前走のすみれSは7番枠からやや出負けして、そこから控えて無理せず後方で進めていく形。
道中も最後方で進めて仕掛けを待ちながら3〜4角でも外からじわっと押し上げながら勢いをつけていくと、4角でもまだペースが上がってこない中で一気にスピードに乗って2列目で直線。
直線序盤で出し抜くケイティクレバーに対してじりじりと伸びてL1でしっかりと伸びきっての勝利となりました。
この2戦は内にモタれる面を見せており、左回りでパフォーマンスを上げて来そうな印象があります。
ただ、右回りでもすみれSで強敵ケイティクレバーを撃破した点は大きく評価できます。

キタノコマンドー
新馬戦は阪神の2000mでの2F特化戦となり、トップスピードの質と加速していくギアチェンジの性能が問われた一戦となりました。
L1まで11.0で落ちない流れだった事もありますが、少なくとも瞬間的な切れ味という点ではそこまでのインパクトは残せていませんでした。
メンバーを見ても3着のジャックローズが勝ち上がったぐらいで、それも力の要る馬場でのポテンシャル戦と異なる競馬で平凡だっただけに、この段階ではまだ何とも言えません。
前走のすみれSは道中は折り合ってジックリ後方に構え、ラストはひと伸びして粘るケイティクレバーキッチリとらえての勝利。
良い決め手があり、この時期の3歳戦とては時計も優秀なものでした。
ただ、この馬は右回り2戦でどちらも右にモタれていたたえめ、ベストは左回りの舞台と言えます。

キタノコマンドー
新馬戦は首差を制する接戦も、前走のすみれステークスでは強敵ケイティクレバーの逃げ切りを許さずキッチリと外から差し切り2勝目を挙げた同馬。
不気味な存在で、すみれS3着だったビッグスモーキーが次走のスプリングSで10着に敗れていますが、ビッグスモーキーは輸送競馬が合っておらず(地方戦でもテンションが上がり過ぎていました)、初めての中山コースでテンションが上がり過ぎて競馬になっておらず参考外です。
馬場も軽かったのであまりあてにしすぎるのは危険ですが、前走でケイティクレバー(京都2歳Sで中1週つづきのローテで3着)を撃破した点は大きな評価が必要です。

キタノコマンドー
この馬は新馬戦の直線でゴール前に内にササって2〜4着馬に不利を与えて勝利しており、前走のすみれSでも内にモタれて走っていました。
稽古ではモタれる面を見せる馬ですが、実践では物覚めるような末脚を見せており、左回りでは更にパフォーマンスを高めて来そうな1頭です。
デビュー前は体質が弱く、硬くて思うような調教を積めなかった馬ですが、放牧を挟んだ前走は歩様もマシになっていました。今回は右回りの中山コースだけに、モタれす不安はありますが体質面の上積みは大きな1頭と言えます。
 
★注目馬
アイトーン
前走の若葉Sではある程度軽い馬場の中でパフォーマンスを上げてきましたが、それでも現状同型のケイティクレバーに対して優位性を取れているとは思えません。
この馬もスピード面でそこまでのものはまだ見せられておらず、ケイティもスローで良さが出ているのでその辺りもタイプとしては近いように思えますが、現時点では末脚の絶対量で見劣る1頭です。
ペースが速くても逃げたほうがまだ勝負になりそうな印象はありますが、それでも持ち時計的に強気になれません。

アイトーン
前走の若葉Sは良でも少し雨が残っており、全体的に見ればそこそこ時計が出ていました。
ややスローで流れてL3最速でポテンシャル戦となっており、仕掛けは比較的早めで4角地点が最速。
前半のスピードをそこそこ問われつつ、後半のポテンシャル面が問われた1戦となりました。
出足が速くない中で、押してしっかりと主張しきれたのはあり、そこからはペースをうまく支配できていました。
L3の仕掛けで早めに分散しましたが、直線入りの段階では番手のタニノフランケルの方が良い脚だったぐらいなので、そこまで切れる脚は望めません。
全体のペースがある程度速かったことと、仕掛けをうまく早めることが結果的にうまくかみ合ったかなという感じがあり、大きな評価はできません。

アイトーン
若葉賞ではGI馬タイムフライヤーが一本被りの人気となっておりましたが、逃げ切りで勝利した同馬。
ワンパンチ足りなかった馬が逃げて連勝し、福寿草特別、若葉ステークスを7,8番人気で勝利しました。
ここも当然逃げの手を打ってくる可能性が高く、この馬のペースがカギとなりそうです。
前走の若葉Sではうまくレースを支配して押し切っており、ペースはややスローに落としてそこからのL3最速で早めの仕掛けで渋太く粘り込みました。
あとはこれがトップレベル相手に通用するかどうかですが、前走はレースレベル的には微妙なメンツで、時計・ラップ的にも目立つものではありませんでした。
過去10年の皐月賞で逃げて馬券になったのは08年のキャプテントゥーレ(1着)と14年のウインフルブルーム(3着)の2頭のみ。どちらも朝日杯3着馬で、中山のG1レースで好走していた下地(中山適性)を示しており、そちらも皐月賞では意表を突く逃げ(どちらも逃げ馬ではありませんでした)で粘り込みました。
アイトーンは初の中山コースで、意表を突けない逃げ馬となるだけに、過去に8,7番人気で穴を演出した馬と比べると評価は下がります。

アイトーン
前走の若葉Sは押して出鞭を打ってハナを取り切る競馬で、道中もコントロールしてややスローで進める形となり、3角でペースを引き上げながら4角で手が動いてタニノフランケルとともに直線。
直線序盤でタニノフランケルに並ばれましたが、ここからが渋太く、最後は後続を引き離して1馬身の差をつけての勝利となりました。
2走前の福寿草特別はじわっと押していきながらハナを取り切ると、そこからはペースを超スローに持ち込んでレースをコントロールし、向正面半ばから徐々にペースを引き上げて3〜4角でも持ったまま楽な手ごたえで1馬身の差をつけて直線。
直線序盤で引き離して最後まで踏ん張っての勝利となりました。
福寿草特別は前半1000m通過が1分2秒7で、後続に絡まれずに逃げ切れましたが、若葉Sも他馬が競って来ない中でスンナリと逃げ切る事ができました。
この2戦からも距離はもう少しあった方が良さそうな印象があり、スローに持ち込むことが出来れば動きたいときに動ける機動力を生かして粘り込みが狙えそうです。
ただ、使える脚は長くないため、ロングスパート戦になってしまうと厳しくなりそうな1頭です。

アイトーン
2走前の福寿草特別は速い脚を使って出し抜く競馬が勝っており、この時は3.1秒の超スローまで落ち込みましたが、向正面で少し引き上げつつも本仕掛けを遅らせてL3−2で12.2-11.2と1秒のギアチェンジを生じさせました。
ここでは2F戦にうまく持ち込む競馬となり、力の要る馬場でしっかりと速い脚を使えていました。
ただ、レースレベル的には高いとは言えないレースで、上位で500万下で勝負になっている馬がいないという点は評価できません。
時計も標準馬場としては遅い方で(超スローだったので仕方ありませんが)L1は落ちているのでそこからも足りない面はあります。
それでも要所で加速という性能自体は見せており、スローに持ち込めればこういう脚も使える一面を示しました。
若葉Sとの比較でどちらがいいかは難しいところですが、この感じなら距離自体はもう少しあった方が良いかもしれません。
使える脚自体は短いタイプですが、スローでもある程度流れてもコントロールして動きたいときに動けている点は大きな材料で、器用さは見せているので距離をこなすという点では問題なさそうです。
 
★注目馬
サンリヴァル
2走前のホープフルSで4着に負けましたが、内容的には一番強い競馬をしており、悲観する内容ではありません。
このレースはかなりのハイペースとなっており、年末のタフで力の要る中山の馬場状態で厳しい流れから3〜4角で前がキツくなってペースダウンして仕掛けを待っている間に、後ろの馬に取り付かれてしまいました。
このレースは前目の馬にはかなり厳しかった一戦で、入りを59.6に近いペースで入って3〜4角で前がつぶれて一頭だけ生き残ってしまったのでここで仕掛けを待たざるを得なくなってしまいました。
(7着以内の馬で、先行して4着に踏ん張ったのはこの馬のみです)
4角で一気にタイムフライヤーらが押し上げてきたので前半のリードを4角までに使い切ってしまい、直線ではほとんど差のない競馬になってしまいました。
それでもそこからL1の地点ではこの馬は先頭列にいたのでレースラップはこの馬のもので、間違いなく1秒近く加速する余力を残していました。
この辺がかみ合わなかったところで、3〜4角で各馬が外から動くロスが少ない展開になってしまいました。
今回のメンバー構成なら展開次第でチャンスがある1頭と言えます。

サンリヴァル
3走前の芙蓉Sは比較的高速状態でしたが、雨の影響が残っていたのでそこまで顕著ではなくやや高速状態でした。
4.2秒の超スローの極端に遅い流れとなり、そこからの3F勝負。
ここでは11.7-11.1の加速にしっかりと対応できるギアチェンジの性能が高さと、L1までしっかりと脚を維持できたというトップスピードの持続力も含めてここでは1枚上の力を示しました。
ただ、相手が楽だったというのは確かで、この時点であまり結果が出ていないファストアプローチやスターフィールドといったレベルに底を見せずに勝っただけにそこまで大きな評価はできません。
これまで中山2000mを中心に使われていますが、この馬の適性的にトップスピードの質やトップスピードの持続はそこまで評価できず、前につけて反応できていた点や、ギアチェンジ面が優れているタイプといえ、スローで立ち回って出し抜く形が理想となります。

サンリヴァル
新馬戦、芙蓉ステークスと連勝し、重賞でも掲示板に入る安定感を見せてきたサンリヴァル。
3戦連続で中山2000mに使われており、明らかに皐月賞を意識したローテーションが組まれています。
ダノンプレミアム相手には難しかったと思いますが、このメンバー構成なら展開次第で何とかなるチャンスが出てきました。
ジャンダルムやケイティクレバー辺りと比べても前半のスピード面をしっかりと生かしてポジションさを取る事が重要で、弥生賞はともかくホープフルSは先行勢総崩れの中で強い4着でした。
ワグネリアンが出し切れれば手ごわい相手となりますが、弥生賞でもダノンの仕掛けが見た目的に速く映ったことも各馬の動き出しがワンテンポ早くなった要因だけに、ダノン不在で前後半がうまく噛み合えばこの馬が残れるチャンスは大きくなります。

ケイティクレバー
ゲートが安定して上手く、これまでの内容からも少し渋って力の要る馬場になれば相対的に浮上する1頭。
使える脚は一瞬しかないのは前走、京都2歳Sでも見せており、後ろに出し切られてしまうと難しいのでうまく単騎で離す展開が理想です。
前半のスピード面に関しては上位の逃げ番手勢では一番不安がある1頭で、すみれSも若駒Sも京都2歳Sもすべてスローバランスとなっており、そこそこ流れた黄菊賞では番手になったとはいえジュンヴァルロにも見劣っている事からも、ハイペースで頑張ったサンリヴァルとの比較でみるとそこでの不安はあります。

ケイティクレバー
展開が恵まれないと難しい1頭で、雨が降る中でスローで単騎でとなれば紛れての一発もあり得ますが、エポカドーロやサンリヴァルといったある程度全体のペースを引き締めても問題ないタイプが引き上げてくると巻き込まれるリスクが大きくなります。
読みにくい馬場なら別ですが、基本的にエポカドーロ・サンリヴァル2頭に対しては優位性がなく、適性的にもダービー向きだけにここでは買い辛い1頭です。

ケイティクレバー
前走のすみれSはかなりの高速馬場状態でスローからのL2最速11.0と相当速いラップを踏む競馬で2着。
高速馬場でスローバランスで逃げ、騎手の意識としても仕掛けの意識が遅れたことで4角出口から直線入りでの決め手が問われた1戦となり、ギアチェンジ面も含めて要求された総合力勝負となりました。
外からキタノコマンドールが上がってきた時にコーナー地点ではそこまで速いラップを踏ませなかったために、キタノも体力的な消耗はそこまでありませんでした。
この馬も仕掛けを極限まで待って要所で出し抜く足を使っていましたが、対キタノで見るとトップスピードの質・持続力の両面で相手に見劣っており、相手の動き出しの鈍さをフォローできる騎乗、展開になってしまいました。
すみれSは時計的にはかなり速いしラップ推移的にも優秀ですが、上位勢がその後で走れていないというのは不満材料です。
 

Presented by Z-Z BOARD