日曜日の覆面トラックマン情報
函館9レース
4イルマタル
2走前の福島戦では3着に好走しましたが、これまでは時計のかかる馬場で好走していただけに開幕週の馬場にも対応できた点は好材料と言えます。
この馬は終いが確実なタイプだけに、近走のように早めに仕掛ける競馬で上位を狙える1頭と言えます。
3走前の中京戦では重馬場で馬場の荒れたインをついて渋太く食い下がれていただけに、馬場不問で信頼度の高い1頭と言え、休み明けの前走はコーナーで内を回って差を詰めるもひと押しが利かずに3着まで。
叩き2戦目の今回は滞在+連闘であとひと押しが期待できる1頭と言えます。
土曜日の勝負の1鞍
10ノールック
新馬戦は太目残りの状態で使われて2着となりましたが、好位からロスの無い立ち回りでセンスの良い走りを見せていました。
速い脚はまだ使えていませんでしたが、最後は渋太く伸びて勝ち馬に迫ってきており、使われた今回は大きな上積みが見込める1頭と言えます。
今の小倉の馬場を考えると先行できる脚質は大きな強みと言えます。

今回人気を集めそうな6ユピテルルークスは初戦の内容を見るとゲートを出た後に頭を上げて前に進んで行かなかっただけに、今回もゲートを出たとしても二の脚の遅さで後ろからの競馬となりそうです。
今回の条件で後ろからの競馬ではかなり厳しいため、危険な人気馬候補となります。
今週の勝負レース
ナリノオルフェ(中山・3歳未勝利)
セール出身の馬で初戦は急仕上げで挑んで5着となりましたが、「輸送を考慮して軽めの調整」との事である程度度外視可能の1戦と言えます。
立て直された2戦目は距離延長で追走が楽になり、道中で脚を溜めて最後はメンバー最速の脚を使っての2着。
3戦目の前走は6着に順位を下げてしまいましたが、前が止まらない展開の中で後方からしっかりと脚を伸ばしており、内容としては決して悲観するものではありません。
前走は馬場の傾向的に時計が速かった面もあり、その中でしっかり差を詰めて来た点は評価できまし。
最終週で差しの利く馬場となる今回は巻き返し必至の1頭と言えます。

パーティネント(中山・3歳未勝利)
昨年6月の福島の新馬は道悪競馬で、芝1200メートル1分12秒9で牡馬相手に2着。
スピードタイプで決して道悪巧者というワケではありませんでしたが、ノメりながらも道悪競馬に対応しての2着で、最後までしっかりと踏ん張れていた点は評価できます。
前走は初戦の反動が出ての4着で、放牧で立て直した今回は牝馬限定戦で巻き返し濃厚の1頭と言えます。

オーシャンバローズ(中山・3歳未勝利)
初ダート起用の前々走は心房細動で参考外の15着。
ダート2戦目の前走は無理に出して行かずに後方からの競馬となり、勝負どころでは内目から上手く馬群を捌いて進出し、しっかりと脚を使っての2着となりました。
前走の2着が本来の姿と言え、しっかりと脚を溜めて伸びた内容が良いだけにマーフィー騎手を確保している今回は勝負度合いの高い1頭と言えます。

土曜日
小倉12レース
パトリック(古1勝)
前走は大外から一気の伸びを見せるも最後は勝ち馬に内からすくわれて2着となりましたが、内容の濃い一戦でした。
前走はプラス10キロとなっていただけに、今回は叩いた上積みも見込めて人気確実の1頭ですが、2走前に騎乗したデムーロ騎手は「難しい馬です。直線は伸びてくれますけど、いつもこんな感じで届きません」と話しており、勝ち切るのが難しいタイプの馬と言えます。
前半にポジションを取るとハミを噛んでしまうために、どうしても後ろからの競馬となる事を考えると、開幕2週目の小回り小倉戦の今回は条件的には厳しい1戦と言えます。

ミッキーウィン(3歳未)直線でステッキを入れると内へ外へとフラフラしていたが、初戦ということもあったのではないか。慣れが見込めるし、サッといい位置につけることができて、競馬そのものは上手だった。2戦目で前進あるのみ

レディオタイムズ(小倉・3歳未)離れた2着だったが、攻めの良さを生かした形。使ったあとも力強い脚取りでデキは更に上昇。ダート1000メートルを予定。

ヘルシャフト(3歳1勝)前走は砂を被るのが初めて。道中フワフワしていたが、直線で外に出すとしっかり伸びた。クラス2走目で更に。

アドマイヤベネラ(3歳未)初戦から期待していたが、発馬で後手を踏んだ分、届かずの3着。今度は決める。