彩 愛 美 詩歌集
1000文字対応『歌詞』専用のページです。
▼彩 愛 美
で も ね

パサパサに渇いた 少し荒れた肌
忙しいのは理解して 上げられるけど
ただでさえ不規則に なりがちな毎日だから
お風呂くらいは ゆっくりと

一日の疲れ 洗い流し
誰にも縛られない 時を楽しもう

でもねでもねでもね ってくらいにね
穏やかになれる 時だってあるの
今ね今ね今ね あなたの事を
想い出したのよ おやすみなさい


開いた手の中には 空っぽになった
スケジュールの一覧が 拡がっている
そうね忙しい日々が ここしばらくの間
ずっと続いて 居たものね

定時で終わって 帰り道に
久し振りに一人 飲みに寄ろうかな

でもねでもねでもね 誰か友達と
賑やかな時を 過ごすのもいいね
何時も何時も何時も 私の側に
誰かが居るから 笑顔になれる


やっぱり一人よりも 誰かと居たいね
それがあなただったら 最高の気分ね


でもねでもねでもね って想うけど
笑顔を忘れない 毎日で居たい
どんなどんなどんな 事があっても
私は私のままで 居たいと

(SOT21/au)
2018/5/28 22:23
▼彩 愛 美
退 院

退屈な時間の
檻の中に居て
一歩たりとも
外出も出来ず
幾多の検査と
リハビリ等を
繰り返す毎日

知らない場所から
集められた人達との
共同生活を過ごして
好み等聴き入れられず
餌を与えられる
まるで動物園のよう

お風呂もトイレも
全てが他人任せで
自分では出来ない
情けない想いさえ
次第に慣れて行く

やがて時間は流れ
退院の日時が来る
日常生活に戻れる
不安すら拭えぬ内
半分嫌な想いさえ
恋しく感じられる

終わる訳では無く
治療はまだ続いて
浦島太郎のように
失くした時の中へ
戻される日が来る
幾多の不安と喜び
胸に抱えたままに

(SOT21/au)
2018/5/20 22:57
▼彩 愛 美
朏(みかづき)
言葉を失くして 還る術も無い
月色の兎達が 月を眺めている
朱い目の奥で 何を想うのかな
まだ円に満るには 遥かな日々

朧な桜は 碧い葉に深く沈んで
散り去った罪の 傷口を隠して

何を視て跳ねる 何を視て嘆く
過ぎ去った日々は 戻らぬのに


泪も尽きたら 諦めも搗くさと
月色の手紙に 想い鏤めてみる
去り行く想いに 後ろ髪魅かれ
満たされぬ朏に 届かぬままに

目の奥に描く 故郷は遠く霞み
忘れ行く罰に 痛む胸も和らぎ

過去より未来 選んだこの地で
生きて行く覚悟を 決めたなら


基より離れた あの日から想う
二度とは戻らぬと 誓えばこそ


世代を重ねて ここしか知らぬ
新しい子供達に 明日を委ねて


何を視て跳ねる 何を視て嘆く
過ぎ去った日々に 想い馳せて

(SOT21/au)
2018/5/17 22:14
▼彩 愛 美
新 生 活

桜行く春の候、
散り行く花に、
追われるよう、
始まる新生活。

何一つとして、
変わる物など、
見当たらない、
何時も通りの、
何時もの街が、
違う街に成る。

起床時間から、
目的地までの、
人の流れとか、
空気や色まで、
まるで知らぬ、
別世界の中へ、
迷い込んだと、
想えるほどに。

緊張感に沈む、
新人時代心情、
暗中模索の道、
光を求め歩く、
夢から希望に、
繋がる一本道、
新生活の一歩。

ようやく歩く、
自分史を編む、
誰の為で無く、
自分の為にと、
自ら決意して、
始める新生活。

(SOT21/au)
2018/4/6 22:46
▼彩 愛 美
風 の 声


過去と未来の真ん中に 腰掛けて
これからの事を 語り合った
友との別れと 新たな出逢いと
それぞれの違う 道を歩こう

今しか出来ない事しか 今は出来ない
今の内に出来る事を やっておこう

もう直ぐ新しい 季節が訪れて
長い冬の眠りから 目覚めるのだろう
新しい風の声に 背中を押されるように
次の舞台の扉を 開けて前へ進もう


春とは何とも 歯痒い季節で
暁に揺らぐ 眠りの小部屋
心地良さを振り切って 外の世界へと
飛び出して新しい 道を歩こう

今まで暖めて来た 可能性の卵
今のままでは孵化する事無く 終わるから

ほら風の声が 聴こえたら
長い冬の眠りに さよならを告げて
新しく生まれて来る 明日の自分のために
恐れも不安も棄てて 歩き出そう


風は何時でも 優しいだけじゃなくて
時には全てを吹き飛ばす 事もあるけれど


今吹く風を 信じられるのなら
重い冬の上着を脱いで 前を向いて
風の声と共に行く まだ見えない明日へと
夢の卵を抱いて 歩き始めよう







(SOT21/au)
2018/2/20 22:38
最新投稿古い投稿

投稿:1205回
Presented by Z-Z BOARD