彩 愛 美 詩歌集
1000文字対応『歌詞』専用のページです。
▼彩 愛 美
ph(ペーハー)

擦れ違う度に お似合いですねと
誰もが羨む ベストカップル
割り込む 隙間など微塵も無い
硬い絆で結ばれている二人… のように見えても

見た目には以心伝心 ピタリと息の合う二人
だけど本当は まるで合わない真逆の性格

あなたがアルカリ性で 私が酸性
お互い引き合ったり反発しあったり
なかなか釣り合う中性に成らない
隣合うエレベーターみたいな 行き違い


肩寄せて歩く 姿が素敵と
視線が絡む 煩わしさも
勝手な 想い込みで決められる
わざわざそれを否定しないけど…何だかだよね

それ程に互いが解る なんて事がある訳も無い
だけど本当に 通じ合えるのなら素敵なのに

あなたがアルカリ性で 私が酸性
異質な二人だから 上手く行く事もある
なかなか想うようには成らない
交差するエスカレーターみたいな 擦れ違い


元々違う畑で 育って来た別々の二人
何もかもが合うなんて 有り得ない話しだわ


あなたがアルカリ性で 私が酸性
上手く行く時だって 行かない時だって
一緒に居れば 幾らでもあるわ
忖度する恋愛の駆引きも 面白い

(SOT21/au)
2018/8/2 23:44
▼彩 愛 美
積 乱

茹だる暑さに
世界は溶け出す
涼を求めて酒宿へ
雪崩れ込んでは
我を忘れ去る

積もる鬱憤も
多々在るのだろう
限度を越えてまで
酒が進んで行けば
制御の効かないまま
人を忘れ去る

乱れる歩調で
駅や店に踏み込み
我こそは客だと
大きな顔をして
怒りをぶちまけて
仕事人に
無理難題を投げ掛け
暴言や暴力を奮い
神の名を汚す
悪魔の顔を
晒す出す

湧き立つ雲のように
邪神の振舞いで
もはやそこには
人の欠片すら
見出だす事は出来ない

夏の暑さのせいだなんて
誰にも想えないまま
雷雲は拡がって行く

(SOT21/au)
2018/7/26 23:35
▼彩 愛 美
残り雨慕情
この街に今も 小さな残り雨が降り続いて
まるで私の心を 見透かしたように空が笑う
何時までも晴れぬ 心の凝り雨を拭えなくて
何処か定まらないまま 視線をずらして空を仰ぐ

まだ渇き切らない間に 降る次の雨に怯える
どれだけ傘を用意しても 追い付けはしない

支え切れない心の堤防 流れを読めない愛の行方
繋ぎ止める程の余裕も無く 凍えて行く叫び
声に成らない恋の命綱 握り締め続けて居ても
雨に滑るこの手に掴める恋など 見付けられなくて


何処に居ても変わりはしない 愛の残量が気になる
直ぐにチャージしなけりゃ もう一歩も進めなくなる
何時までも同じ 気持ちのままで走れはしなくて
何処まで進めるのか 不安をダブらす空を仰ぐ

今の私に出来うる 次の手を考えてる
どれだけ無駄な思考しても 空回りしても

何時切れるか解らない 細い糸に全てを託して
足掻き続ける未練の不様さ 全てを晒け出し
このまま終わる恋の運命 見て見ぬ振りをして居ても
雨に曇るガラスに書いた文字のよう 直ぐに消えて行く


もう諦めよう これで最後にしようって
想うだけでは 次の恋には進めはしない


罪に問われる心の葛藤 流れを汲めない恋の末路
行くも止めるもどちらも棘道 裸足で歩いて行く
声を洩らして恋の断末 絞り出すように泣いても
雨が残るこの街に居続けるなら これきりにしよう

(SOT21/au)
2018/7/17 21:50
▼彩 愛 美
NO S.O.S.

誰かが
何処かで
助けを求めている
声は届いているのに
誰も振り向きもしない

少しでも自分に
リスクがあると
見ない振りをする

資金援助のように
直接関わらない事には
積極的でも
幾ら人助けでも
我が身に
火の粉が降り掛かったり
不利益になるような時は
消極的になる

排他的だとか
村八分だとか
小さな組織を作っては
余所者に対して
交流しないとか
内向的な国民性
他人の事なんて
構ってられない
小集団意識の塊

救えないS.O.S.
裏返せば
救ってもらえないS.O.S.
どれだけ大声を
上げたとしてもね

(SOT21/au)
2018/7/16 17:46
▼彩 愛 美
雨月雨日雨降りの夜
ピンヒールの 置き場に悩む程の
水溜まりのあまりに多さに 頭を抱え込んだ
行く手を阻まれた 堕天使達が無駄に邪魔をする
何処もかしこも 真っ直ぐに進めやしない

こんな事なら 最初からレインブーツで
出掛ければいいと… でもおしゃれじゃ無い

雨月雨日 雨降りの夜は
テレビも ラジオも 電気も 消して
アロマキャンドルの揺れる炎眺めて
遠い場所に居るあなたの事を
一晩中 想い続けた


重た過ぎる 頭を支え切れず
崩壊して行くあまりの 橋脚の脆さに
重ねて来た月日の 一つ一つが無駄に想えて来る
馬鹿も大概に しなさいよと責め立てた

自画自賛した 飯事恋愛の結末
こんなんじゃないと…でも潮時なんだよね

雨月雨日 雨降りの夜に
一人で泣いたって いいじゃない
誰かに迷惑 掛ける訳でもないし
誰かに素顔を 見られるでもないし
少しだけ ほっておいてよ


一度泣いたら 後は忘れてしまえるから
こんな事は 何時もの恒例行事だから…


雨月雨日 雨降りの夜が
静かに 流れて 記憶を 濡らす
泣けない喜劇映画の 冷めた笑いにも
重い腰上げる 電話のベルが
虚しく 鳴り響いた

(SOT21/au)
2018/7/9 22:26
最新投稿古い投稿

投稿:1213回
Presented by Z-Z BOARD